占い師になるために

占い師になるには

実際に占い師として活躍している方々に、占い師になるために必要なこと、占い師になるために行ったことなどを伺いました。これから占い師になろうとしている人、現在占い師になるために勉強中の人は必見です!

占いを学ぶ場所

私は現在占い師として活動していますが、数年前までは占い好きの普通の主婦でした。子育ても忙しい時期を過ぎて暇な時間ができたため、特に興味があった占いのカルチャースクールに通うことにしました。スクールでは、プロとして活動しているベテランの占いがわかりやすく占いについての知識の授業を行っており、様々な年代の生徒が楽しく勉強していました。スクールでは2年ほどタロット占いについて学び、その後はプロの占い師として独立しました。
現在では、出来るだけ多くの人の悩みの解決を助けたいと思い、インターネットのウェブサイトを通して占いを行っています。プロになり、周囲のプロ占い師にどうやってプロの占い師になったのか尋ねたところ独学という人もいましたが、一度は誰かに師事している人が多かったため、プロの占い師になるには、まず信用できる先生を探すことが大切だと知りました。

占い師歴:8年 H先生

身近な人を占う

私も占いをしています。元々占いには興味があり、気になる占い師には予約をしてまで見て貰っていたのですが、最後は自分が占い師になりました。
知人などを見たこともあります。主に手相が得意で、仕事面や家庭内のことなど、かなり当たっていると評判を得られました。自分自身もいろいろな占い師に見て貰いながら勉強もしたのですが、占い師になるために通える学校もあると知り、活用できれば良かったと思っています。勿論、生まれ持った霊感や才能も必要ですが、勉強も大切なんだと改めて感じました。
私は今ではプロとして様々な場所で見ています。今の状況が悪いという友人も占いました。家庭内の問題は見事に当たっていたそうで、忠告を守り、今では最悪な状況は脱していると聞きました。多くの人を占うのはもちろん、身近な人を大切にできる占い師として今後も活動していきたいです。

占い師歴:3年 O先生

占い師として活動するには

「占い師のなり方を教えてください」とよく聞かれます。特定の資格が必要な職業ではないので、誰でもなろうと思えばなれます。「私は占い師です」と名乗って活動を始めれば、特に問題はありません。
しかし、それだけでは知識や経験の裏付けが薄いため、職業として利益をあげていくのは難しいものです。私の場合、すでに占いの店を運営していた方のもとで数年経験を積むことから始めました。ようするにアルバイトです。
ここでの経験は本当に役立ちました。占いの方法について知識を増やせるのはもちろん、お客さんとのコミュニケーションはある程度経験を積まないとうまくいかないのです。また、自営業として運営するためのノウハウ(内装業者の手配や会計など)は学ぶべきことが多いです。
占い師は、いきなり自営業としてスタートするのもひとつの方法ですが、どこかで経験を積むことをおすすめしたいですね。

占い師歴14年 K先生